引越しの荷造りのコツ記事一覧

クローゼットに入っていた衣類はハンガーをつけたままで荷作りまず、クローゼットの中でハンガーに吊るしていた衣類の場合は、ハンガーごとふわっとやわらかくたたんで、大きなダンボール箱に入れるというのがおすすめです。ハンガーから外してたたみ、ギュッとダンボール箱に詰めるような形にしてしまうのは、シワや型崩れの原因となるため、おすすめできません。もちろん、引っ越し業者からハンガーボックスが貸し出されていれば...

食器の荷作りにおいて、最重要となるポイントは、「梱包の際に面倒くさがって手を抜くようなことはしない」ということです。必ず、食器1つごとに、新聞紙で包むか、緩衝材を挟むか、いずれかの対処をしましょう。箸やフォーク・スプーンなどの小物は、ある程度の量をまとめて新聞紙や緩衝材で包み、散らばらないように輪ゴムなどで止めておきましょう。包丁については、刃の部分を厚紙ではさんだ上で、その厚紙がズレないようテー...

小物類の荷造りにおいて、最も心がけなければならないのが、「荷造り時に小物類の整理を無理にやろうとしてはいけない」ということです。なぜなら、「小物類のあるべき場所」というのは、その人にとって長年慣れている場所が決まっているため、引っ越しを期に、急に分類を変えてしまうと「どこに何があるのやら」という混乱を招いてしまうのです。だからこそ、「あちこちの引き出しに入っている小物をジャンル別に分類し直して、箱...

冷蔵庫は前日から準備が必要!家電の中で、まず「やっかいなもの」として挙げられるのが冷蔵庫。荷運びそのものは「冷蔵庫をそのまま運べばいいだけ」なのですが、実は冷蔵庫の場合は、「引っ越し前日の夜には電源を抜いておき、冷蔵庫の冷えをとる」ということが必要になってきます。なぜかというと、冷蔵庫の中の水分が凍っているものを、下の水受け皿に落とさなければいけないからです。もちろん、製氷皿の氷も溶かして、水を捨...

スーパーの無料ダンボール箱は使わない方がいい「引っ越し業者からダンボール箱をもらったものの、数が足りない、違うサイズも欲しい」となった場合、スーパーにある無料ダンボール箱を持ち帰って、その箱を荷造りに使おうとする人が結構いますが、実はこれ、かなりリスキーな行為です。なぜかというと・・・スーパーに置かれている無料のダンボール箱は「すでに一度、何かを運搬して開封したもの」という使用済みダンボールなので...

引っ越しの荷造りにおいて忘れてはならないのが、「引っ越し当日用の箱を作っておく」ということです。もし、すべての荷物を荷作りしてしまうと、引っ越し当日の生活で「あれはどこに入れたかな」と困ることになります。引っ越し当日に使うであろう用品類を、ひとまとめにしておく箱を作っておく必要があるのです。引っ越し当日用の箱に入れておくもの引っ越し当日用の箱に入れておくべきものとしては、以下のようなものが挙げられ...