単身赴任に必要な周辺施設とは

商業施設

『コンビニ』もしくは『スーパー』は単身にはとても貴重な施設となるでしょう。
自分は自炊するつもりだから、コンビニは必要ないと考えておられる方も注意が必要です。

 

日々の会社勤めにプラスして慣れない環境により、確実に実家暮らしよりも疲労が蓄積します。
いままではしっかりと自炊できた人も、「今夜は疲れているからお弁当ですまそう」と考えてしまうでしょう。
そんなときに日用品と併せて気軽に足を運ぶことができるのがコンビニです。
現在はコンビニでも栄養を考えたお弁当や惣菜が売られていますし、少しならば野菜などの食材も置かれています。

 

スーパーかコンビニのどちらかが徒歩圏内にあるのは必須と言えるでしょう。

公共施設

周辺施設にこだわらないという方でも、必ず必要なのは『病院』です。
総合病院が近くにあればベストですが、少しの熱や風邪では待ち時間も長く、気軽に行けないというデメリットがあります。
会社が多忙の方ならば、午前半休しかとれないということもあるでしょう。
そんなときに重宝するのが『内科』と『歯科医院』です。

内科は小さいところでかまわない

最近は駅周辺やマンションの1階部分にも併設されていることが多く、大抵は小ぢんまりとしています。
しかし、そこで全然かまいません。
往々にして小児科もあり、子どもと一緒に待合室で待つことになる恥ずかしさは多少ありますが、総合病院よりも比較的すぐ見てもらい、的確な処方箋を出してくれます。

 

歯科医院はどこにでもある

現在歯科医院の数はコンビニと同じくらいとも言われており、駅近くから住宅地周辺、オフィス街とあらゆる場所に一軒はあります。
歯科医院は医師によって技術に差があるので、複数ある場合は口コミなどを参考にして選ぶのもいいでしょう。
また、大きな歯科医院ほど資金があるため、最新設備を導入しています。

 

病院は日常行くことがないため、物件探しの場合おろそかにしてしまいがちの公共施設です。
しかし、ここぞというときに非常に役に立ちます。
単身赴任の場合は何かと食生活、生活習慣が偏りがちになり、体調を壊しやすくなります。
いままで奥さんの手料理で栄養を補っていたため風邪もひかなかった方も、一人暮らしになったとたん体調不良を起こしやすくなるものです。
内科と歯科医院は必ず徒歩圏内に一軒は欲しい施設と言えるでしょう。

娯楽施設

会社帰りのちょっとした時間、ストレス発散のために立ち寄りたい場所がゲームセンターやカラオケ、居酒屋などかと思います。
また会社が休日の日は何かと過ごし方に困ってしまいがちです。赴任してきたばかりだと、どこに何があるかも分からないので、慣れるまでの間はこのようなちょっとした娯楽施設があると息抜きできます。

 

このように、単身赴任だからこそ余計に必要な施設というものがあることが分かります。
妻子と一緒に住んでいる現在の状況から判断するのではなく、一人で暮らすためには何が必要なのかをイメージすることが大切です。

重要!単身赴任だからこそ必要な周辺施設とは?記事一覧

例えば都心から地方へ単身赴任が決まった際、物件選びには非常に慎重にならなければなりません。都心やその隣県に引っ越しをするような考えでは、現地に実際赴任したときに想像以上のギャップが発生するかもしれません。交通アクセスがとても不便東京都や大阪府などの都心は、あくまでも例外だということを覚えておきましょう。あそこまでたくさんの路線が張っていて、どこでも乗り換えられるというのは日本でも数えるほどのエリア...

物件を選ぶ際はさまざまな条件を持っているかと思います。周辺環境、立地、施設、交通アクセス、治安等々。しかしながら、もし単身赴任先が都心であるのであれば、それほど周辺環境にこだわる必要はないかもしれません。都心の周辺環境は整っているもちろん場所によって環境は若干異なりますが、基本的な環境というのはどこも似通っています。例えば渋谷と池袋、中野を比べてみても分かるでしょう。渋谷の周辺環境渋谷は若者の聖地...