引っ越しは単身パックを利用しよう

単身パックというのはどこの引っ越し業者も大抵は用意しているプランです。

 

単身パックは数量限定であったり、近距離限定であったりと何かと条件があるものが多いですが、通常のプランよりも比較的安く済ませることができるのが特徴です。

 

単身赴任の場合は時間もそんなにありませんし、労力もかけたくはないものです。

単身パックのメリットと注意点を考えよう

単身パックのメリットは簡単に言えば安いことです。
ファミリーで引っ越しする場合の2分の1から3分の1くらいの値段で依頼することができます。
料金は業者にもよりますが、2万円から4万円の範囲内で済ませることができるでしょう。
一人分の荷物なので迅速に作業をしてくれて、午前中に依頼すれば、お昼までにはすべてが完了する手際の良さです。

 

一方注意点は、単身赴任にしては荷物が多量であったり、引っ越し先までが長距離の場合は追加料金が次々と発生します。
料金を見積もってもらった結果、想像以上に追加料金が発生していた、なんてこともあります。


単身パックの条件

単身パックの条件はさまざまありますが、ここでは一般的なものを紹介します。
自分に当てはまるようであれば、積極的に活用しましょう。

  • 距離が近い(一般に30キロ圏内、23区内等)
  • 数量限定(2トントラックに詰め込めるくらい)
  • 業者の人数は一人か二人(それ以上雇う場合は追加料金)
  • 半日(4時間以内)に終了する引っ越し

 

このような条件が大方の業者にあります。この条件に漏れると、それだけ追加料金が発生しますので、業者側と交渉する必要があります。

 

優良の単身パックとは

単身パックの中身や条件面は業者間にそれほど差はありません。
それでは優良の単身パックとはどのようなサービスがあるプランでしょうか。

 

付加価値サービス

例えば、搬入の際、壊れやすいものに関してはきちんと布で覆ってくれたり、建物をシートで覆って傷つかないようにしてくれたりする業者は優良と言えます。
また、一人で行うと慣れない作業なので時間がかかる照明の設置、洗濯機のホースの設置などを無料でやってくれる業者も優良でしょう。

 

単身赴任の引っ越しは安価なため、引っ越し業者も早く終わらせたいと考えます。
その中でも、上記のような付加価値サービスを提供してくれるところは優良業者と言えます。

 

数ある引っ越し業者の中から選ぶに値するサービスとなりますので、料金だけではなく、プランの詳細にもしっかりと目を通しておきましょう。