食器の荷作りは「面倒くさがらないこと」が最重要

食器の荷作りにおいて、最重要となるポイントは、「梱包の際に面倒くさがって手を抜くようなことはしない」ということです。
必ず、食器1つごとに、新聞紙で包むか、緩衝材を挟むか、いずれかの対処をしましょう。

 

箸やフォーク・スプーンなどの小物は、ある程度の量をまとめて新聞紙や緩衝材で包み、散らばらないように輪ゴムなどで止めておきましょう。
包丁については、刃の部分を厚紙ではさんだ上で、その厚紙がズレないようテープ止めしておきます。

 

大きな箱は使わない

食器を入れるダンボール箱は、衣類などを入れるものよりも小さいサイズを選びましょう。
食器は衣類よりもはるかに重みがあるので、あまり大きな箱に欲張って入れると、荷運びの際にダンボールの底が抜けてしまうリスクがあるのです。

 

仮に、底抜けをしないよう補強したとしても、「ダンボールの下のほうに入れられている食器には、上に大量に積まれている食器の重みがすべてかかる」ということを考えると、やはり大きな箱の使用はリスキーだと言わざるを得ないでしょう。

 

箱詰めのコツ

 

食器をうまく箱詰めするためのコツと注意点としては、以下のようなものが挙げられます。

 

〇食器を入れるダンボール箱の底に、新聞紙または緩衝材を敷いておく。
〇基本的には、重い食器を下に入れる。
〇べたっと置くと幅を取りそうな大皿は、あえて縦に入れる。
〇グラスや茶碗などは、安定性を出すため伏せた状態で入れる。
〇食器を入れ終わった後は、すき間を丸めた新聞紙等で埋め、ダンボールを揺らしても食器がガチャガチャしないようにする。
〇絶対に、ダンボールのフタが盛り上がるようなところまで食器を入れたりしない。

 

ひとつひとつ新聞紙や緩衝材できちんと保護した上で、上記のコツと注意点を守れば、引っ越し作業における食器の破損リスクはかなり減らせるでしょう。