引っ越し手段あれこれ

引っ越しのための手段というのは、いくつかの選択肢があります。
ここでは引っ越し手段のご紹介と、それぞれのメリットやデメリットについてお話ししましょう。

 

家族や友人に手伝ってもらっての引っ越し

マイカーやレンタカーを利用し、荷運びは家族や友人に手伝ってもらうタイプの引っ越しは、
「安上がりなのが魅力」と言われます。

 

確かに、家族に手伝ってもらった場合はお礼をそれほど気にすることもありませんからね。

 

ですが、友人に手伝ってもらった場合は、相応のお礼はマナーとして必要ですので、
実は思ったほどの節約にはならないことも多いです。

 

また、家族の手伝いにしろ友達の手伝いにしろ「素人の荷運びなので、家具等を落としたりぶつけたりするリスクがある」という点がデメリットになります。
レンタカーを借りた場合、レンタカーに傷をつけてしまわないかという点も心配ですね。

 

赤帽を使っての引っ越し

引っ越し荷物が少なく、荷造りはすべて自分でできるし荷運びも手伝える、
しかも引っ越し先は近距離!という条件が揃っているなら、軽トラ便の赤帽を利用するのもいい手です。
運転手が荷運びを手伝ってくれますし「近距離なら安上がりで済む」というメリットもありますね。

 

ただし、運転手の他に作業員はいないので、「荷運びなどの労働は、絶対に自分も手伝わなければいけない」という事態になります。
体力に自信のない人が赤帽を利用すると、引っ越し作業だけで疲れ切ってしまうのがデメリットです。

 

宅配便を利用しての引っ越し

引っ越し荷物に大きな家具や家電がなく、
「宅配でいくつかの箱を送る程度でOK」というのであれば、受取日時指定の宅配便利用がおすすめです。

 

引っ越し予定日に合わせて受取日時を指定すれば、新居でスムーズに荷物を受け取れますよ。

 

ただし、当たり前の話ですが、宅配便で運べる荷物の量というのはたかが知れています。
「私は荷物が少ないから」と思っても、たいていは、軽トラぐらいは必要な量の荷物が出てくるものですので、この手段は「現実的には、あまり使える人が居ない」というのがデメリットと言えるでしょう。

 

引っ越し業者を使っての引っ越し

引っ越し手段として最も多くの人が利用しているのが、引っ越し業者を使っての引っ越しです。

 

荷物が多かろうと、距離が遠かろうと、荷運び以外の作業を頼もうと、お金さえ出せば、引っ越しに関する幅広い要望に応えてくれるのが大きなメリット。

 

ただし、これまでに挙げた他の手段に比べると、費用面では多くかかるのがデメリットです。