長期単身赴任なら、分譲マンションを買ったほうがお得なワケ

もし長期の単身赴任が決まったのであれば、賃貸ではなく、思い切って分譲マンションを購入してしまった方がいいかもしれません。
ここでは賃貸マンションのメリット、デメリット。そして、分譲マンションのメリットとデメリットを紹介し、それを鑑みて分譲を購入した方がお得なワけを説明します。

 

賃貸マンションのメリットとデメリット

短期の単身赴任であれば分譲を購入する必要性はまったくありません。
おそらくお金の無駄でしょう。

 

しかし、長期の赴任の場合、正確な赴任期間が不透明な場合が往々にしてあります。
3年間、5年間だけ、と確実に分かっているのであれば賃貸マンションでもいいのですが、もしかしたらそれ以上住むことになるかもしれない、と感じられているのであれば分譲を視野に入れましょう。

 

賃貸マンションのメリット

賃貸ですと契約も単純で簡単に終わりますので、スムーズな引っ越しを行うことができます。
また、ずっとそこに住むわけではないという安心感も心の内にありますので、立地、物件詳細にそこまでこだわることもないでしょう。
解約も簡単にでき、一ヶ月前から二ヶ月前に申し出れば退去もスムーズに済ますことができます。

 

賃貸マンションのデメリット

言うまでもなく賃貸マンションは、ただ借りているだけです。
一生払い続けても自分のものにはなりません。自分のものにならないということは、財産にもなりません。ただ住んでいる間だけ対価を支払っている。それだけです。

 

部屋にこだわりがある人にとっては、賃貸物件は窮屈にもなります。
賃貸物件の場合はインテリアにおいてさまざまな条件があります。「エアコンを移動したらいけない」、「部屋の壁を塗ってはいけない」、など部屋をコーディネートするには制約が多すぎます。
また、部屋を自由にアレンジしても、退去時は原状回復が義務付けられているため、原状回復費用が発生します。
部屋を模様替えすればするほど、退去時に多額の費用が発生します。

 

分譲マンションのメリットとデメリット

分譲マンションとはマンションの一室を買い上げることです。
中古物件から新築物件まであり、値段も数百万から1億円以上する物件までさまざまです。
現在はマンション需要が高まっており、分譲マンションの建設ラッシュでもあります。

 

分譲マンションのメリット

分譲マンションの最大のメリットは「自分の財産になる」ということです。
月々支払う家賃はローンであり、毎月支払うことにも意味があります。いつかローンが終わって支払うことがなくなった暁には、そのマンションが自分のものになるのです。

 

また、分譲マンションはさまざまな付帯設備もあり、マンション内にコンビニがあったり、庭園や公園、プールがあったりします。セキュリティー面も充実しており、満足する生活をおくれることは間違いないでしょう。

 

分譲マンションのデメリット

分譲マンションを購入するにあたってはさまざまな手続きが必要です。
また、高額な費用を投じますので、立地、環境、施設などさまざまな面にこだわらなくてはならなく、自分一人で決めることもできないでしょう。
途中で支払えなくなったのでやめます。ということも無論できなく、ローンを完済するまで毎月の支払いが義務付けられます。

 

賃貸よりも分譲がお得なワケ

上記の事情を踏まえてみると、やはり賃貸がいいのでは、と思うかもしれません。
しかし、将来を考えてみるとあながちそうとは言い切れないものもあります。

 

長い目で家賃を考えてみると・・・

もし5年以上住むと仮定します。その期間、賃貸が毎月10万円のマンションに住んでいるとします。
すると10万円×60ヶ月(5年)=6百万円も支払うことになるのです。
3千万円の分譲を購入すると仮定した場合は、5年の内に5分の1を返済することができると言えます。
しかし、賃貸であれば、この6百万円が戻ってくることはありません。

 

このように、長期赴任だからこそ、分譲を考えるべきなのです。

妻子と暮らせる

もし思い切って分譲マンションを購入したのであれば、無論広い間取りも確保できるので、妻子を呼ぶこともできます。
賃貸であろうが分譲であろうが、妻子のいる実家と単身赴任した先で住む部屋の家賃と、両方を毎月支払い続けるのは金銭面的にも苦しいかと思います。
しかし、分譲を買ってしまえば、もう妻子が実家にいる意味も薄れます。新しい生活をそこではじめてみてもいいのではないでしょうか。

 

分譲マンションは途中で売ることができる

仮に赴任期間が終わって、別の勤務地になったとき、せっかく購入した分譲マンションはどうすればいいのか。

 

一番おすすめなのは投機目的に持っておくことです。
つまり、その部屋を賃貸に出してもいいですし、高い値段で売却してもかまいません。
毎月のローンが10万円であれば、11万円で賃貸に出して借り手がついた場合、1万円の利益が毎月入ってきます。
売却価格でローンが支払えるのであれば、とんとんになりますし、また売却価格がローンを上回っていれば、その分利益となります。
このように、分譲マンションの購入は一種の投資としてとらえることもできます。

 

なにはともあれ、分譲マンションの購入はよく考えることも必要です。将来のマンション価格の想定、単身赴任の期間、妻子の状況等々。
すべてを鑑みて、もし賃貸が惜しいのであれば、分譲マンションの購入を視野に入れてみてはいかがでしょうか。