荷物が少ないならば、自分で行おう

通常引っ越しするにあたっては、引っ越し業者に依頼します。
大きな家具や家電は自分で運ぶことはできませんし、持ち方にテクニック的なものも必要となります。

 

しかしながら、荷物が少ない単身赴任であれば、引っ越し業者に依頼せずに自分たちだけで引っ越しを済ませることもできます。
ここでは引っ越し業者の手を借りずに引っ越しを行う方法と、その注意点を解説致します。


レンタカーで何往復しなければならないかを考えよう

まずはレンタカーを手配します。
自家用車がワゴン車であればその必要もないのですが、セダンであれば一回で積み込める量も少ないので何往復もしなければなりません。
おすすめの車は『ハイエース』です。機材の運搬などでイベント会社も頻繁に利用している車種です。
おそらく単身赴任の荷物であれば、上手く詰め込めば一回、多くても二回で運びきることができるでしょう。

搬入時はカート(台車)を使おう

ダンボールも家具、家電もカートに乗せて搬入を行えばらくらくです。
冷蔵庫、テレビ、箪笥など重い家具家電も一人で運べますし、たくさんのダンボールも数往復で運べます。

 

カートはホームセンターで売っていますし、マンションならば管理人が貸してくれるかもしれません。
これがなければ自分たちの手で引っ越しを成功することはできないと言っても大袈裟ではありません。
必ず事前に準備しておきましょう。

 

注意点

自分たちで引っ越しを行う場合は、それに対する責任もあります。
ここでは必ず気をつけていただきたい注意点を紹介します。

 

建物に傷をつけないように

建物の外壁や廊下など公共設備に関して細心の注意を払わなければなりません。
とくに冷蔵庫など大型家電を運ぶ際、曲がり角や天井にぶつかってしまいがちです。引っ越し業者もブルーシートを壁に覆ったりして未然に事故を防いでいます。
個人の場合も同様に注意してください。

 

エレベーターがあるかないかが成功の鍵

二階建てのアパートくらいであれば問題ありませんが、それ以上のマンションタイプであればエレベーターが必須となります。
もしない場合は大型家具家電を階段で運搬しなければなりません。
一つの家具家電を運ぶときでも最低三人から四人以上の人手が必要となってくるでしょう。
事前にエレベーターの有無を調べることが肝要です。

 

搬入前には管理人に挨拶を

搬入前には必ず建物の管理人に挨拶を行いましょう。
おそらく荷物を積んでいる車を建物の玄関前に止めることとなるので、事前に管理人に許可を得ることが必要です。

 

このように、単身赴任のような少ない荷物であれば、わざわざ引っ越し業者に頼む必要もありません。
労力はかかりますが、その分出費を抑えることができます。

 

引っ越しにかかる経費を計算しよう

自身で引っ越しを計画する場合は、レンタカー代や高速料金、ガソリン代などを計算しておきましょう。
また、友人に頼む場合は、何かしらの謝礼分も計算しなければなりません。

 

それらを計算して、それでも引っ越し業者に頼むより数万円単位で安く済むのであれば、ご自身で引っ越しをされてみてはいかがでしょうか。